即日融資カードローン

    
     

この記事を読むのに必要な時間は約 28 分です。

冠婚葬祭で急にお金が必要になったり、ついついお金を使いすぎて生活費が足りなくなって困ったという体験をした方は少なくないはず。

急にお金が必要になると、お金をすぐに貸してくれる場所に頼りたいですよね。

すぐに融資を受けたいと思う方におすすめなのが即日融資です。

当日中に申し込みができ、融資を受けられる即日融資。

申し込み方法やおすすめのカードローンなどを紹介していきます。

 

即日融資を受けられる金融機関

お金を借りるということで頭に浮かぶのは、消費者金融や銀行といった、お金を取り扱っている金融機関ですよね。

消費者金融や銀行の中でも、即日融資を受けることができない金融機関はありますが、大手企業ならほとんどの金融機関が即日融資を受けられるようになっています。

お金を借りる制度は市役所や郵便局にも設けられていますが、当日中にお金を用意して、融資を受けられるようにするには難しい場所です。

当日中にお金がほしい場合には、消費者金融を頼ってみましょう。

 

そもそも即日融資ってなに?

消費者金融ではとくに、即日融資を宣伝している場所が多いので、即日融資という言葉だけ知っているけど、意味はよく知らないという人もいるのではないでしょうか。

通常の振り込みとどう違うのか、あまりイメージできないこともありますよね。

即日融資というのは、申し込みをした当日中に融資を受けることができるものです。

緊急でお金が必要になって、その日のうちにお金を借りたいという方におすすめの融資の方法です。

即日融資以外にも、即日審査という宣伝文句をうたっている消費者金融を見たことがあるかと思われます。

この即日審査は、当日中に審査ができるという意味なので、お金を口座に振り込んでもらうところまでは当日中にできない可能性もあります。

ただ、この即日融資は必ずしも当日中にお金をかりることができるというわけではありません。

即日融資のためには申し込みと審査をする必要がありますが、審査時間は金融機関によって様々です。

最短だと30分、長いと数日審査時間がかかってしまいます。

審査時間が長引いてしまうと、即日融資が受けられる時間を過ぎて、振り込みが翌日になってしまうことがあります。

大手の消費者金融のほとんどは即日融資が可能になっていますが、何時までなら即日融資ができるのかを把握しておけば、振り込みが翌日に繰り越されることを防ぐことができます。

 

消費者金融の振り込み時間は?

消費者金融での即日融資可能な振り込み時間は、振り込み先となる口座で変わってきます。

まずはアコムですが、振り込み可能時間が一番遅いのは楽天銀行の2350分です。

夜遅くまで振り込めるようになっているので、夜に即日融資を受けたい場合は楽天銀行の口座に振り込んでもらいましょう。

三井住友銀行や三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行に振り込む際は平日の18時まで、そのほかの銀行口座の場合は平日の1430分までなら振り込みが可能となっています。

つぎにプロミスですが、三井住友銀行とジャパンネット銀行なら毎日24時間いつでも振り込みが可能です。その他の銀行では1450分までとなっています。

アイフルはすべての銀行口座の振り込み時間は14時までになっています。

一番振り込み時間が早くに終わってしまうのがアイフルです。

なので、アイフルで申し込みをする時は申し込みをする時間帯に気をつけましょう。

 

銀行と消費謝金融ならどちらが速い?

融資はできるだけ速くに受けたいですよね。

融資を受けるための手続きや審査には時間がかかってしまいますが、消費者金融と銀行とでなら、消費者金融のほうがスピーディに審査をしてくれます。

いそいでいるという旨や、できるだけ速く融資を受けたいということを消費者金融側に事前連絡すれば、審査時間を更に短くすることも可能です。

銀行は総量規制がかかっていないことや、消費者金融よりも融資限度額が高く設定されていることもあり、申し込みする人のことについては厳しく審査されます。

消費者金融の窓口へ直接向かって手続きをする場合は、事前に必要書類を準備していけば、スムーズな契約手続きができます。

 

銀行は即日融資を停止

銀行カードローンでも即日融資を受けることはできましたが、2018年から銀行では即日融資ができなくなっています。

銀行には銀行法が適用されているため、消費者金融のように総量規制の対象外となってしまいます。

総量規制は個人の年収3分の1を越える融資が受けられないようにする規制のことで、消費者金融にはこれがかせられています。

そのため、大きな金額を借りられないようになっているのですが、総量規制のない銀行では大金を借りることもできるようになっています。

そのため、企業が融資を受ける場所としては適していますが、個人がお金を借りる場所としてはあまり適していません。

大金を借りられる状態になっているため、お金を借りることに歯止めがきかなくなってしまう方が増えてしまいました。

自己破産してしまう方も多くなったため、銀行カードローンの即日融資は停止されています。

なので、即日融資をしたい場合は消費者金融での申し込みをするようにしましょう。

 

即日融資を受けるには?

どこの金融機関のキャッシングやカードローンでも、必ず即日融資を受けられるというわけではありません。

即日融資に対応していない金融機関では、当日中にお金を振り込んでもらうことはできません。

ほとんどの大手企業の金融機関なら即日融資は可能となっているので、急いでいる時は大手の消費者金融にいってみましょう。

 

必要になる書類を用意しておく

即日融資に必要となる書類としては、本人確認ができる身分証明書が必要となってきます。

本人確認のできるものとして代表的なものでは免許証がありますが、顔写真つきのものならマイナンバーカードやパスポートなどでも本人確認ができます。

顔写真つきのものでなくとも、保険証などでも本人確認が可能となっています。

もしも身分を証明できるカード類がない場合は、市役所で住民票を発行してもらい、それを本人確認のできる身分証明書として利用しましょう。

もしも外国籍の方が融資を受けたい場合は、外国人登録証明証や、永住許可証などを提示する必要があります。

数ヶ月しか滞在しない外国籍の方などは、その間に返済してくれるかどうか明確にならないということで、融資を受けることができない場合があります。

借り入れの希望額が50万円を超える場合には、申し込む方の収入を証明する書類が必要になってきます。

他にも、今回借り入れ希望する金額と、他の金融機関から借り入れている金額が100万円を越えている場合にも、そうした書類が必要となります。

収入を証明する書類としては、源泉徴収票や、所得証明書などがあります。

給与明細書の場合は2ヶ月分必要にもなってきますので、事前に確認の連絡を消費者金融側にしておくことをおすすめします。

収入を証明する書類は、本人確認のための書類よりも用意するのに時間がかかってしまうことがあります。

なので、自分の希望借り入れ額が50万円を越えている時には、収入証明のできる書類もあらかじめ用意しておくようにしましょう。

 

申し込みと審査をしてから融資が受けられる

即日融資は、申し込みをしてすぐに融資が受けられるわけではありません。

即日融資の申し込みをしてから、融資がうけられる人かどうかを確認するための審査を行います。

この審査が終わると、審査結果が送られて、そこでようやく即日融資を受けてお金を振り込んでもらうことができます。

消費者金融は最短30分ほどで審査が完了しますが、書類に不備があったり、在籍確認に時間がかかったりしてしまうと、思った以上に時間がかかってしまうことがあります。

在籍確認は、申し込みをした人が融資を受けて返済できるかどうかを確認するために必要なものです。

また、書類の記入事項で誤字脱字があれば、嘘をついていないのに、融資が受けられないこともあります。

窓口でなら書類は間違った部分を訂正することもできますが、自動契約機やインターネットからの申し込みでは、誤字脱字の訂正ができないので記入の際には気をつけましょう。

 

審査は返済能力を判断するために行われる

融資を受けたい人からすると、申し込みをしてから行う審査は、手間や時間がかかって面倒なものといった印象を受けるかもしれません。

ですが、この審査は申し込み者の返済能力を、消費者金融側が見極めるために必要となる作業なので、決して不要なものとすることはできないんです。

 

消費者金融は審査が緩いイメージ

銀行に比べると、消費者金融は審査が緩いという印象を受ける方が多くなっていますが、あくまでも銀行と比べての感想です。

消費者金融での審査は緩いものではありませんが、銀行と比べると審査には通りやすくなっています。

その理由として大きく関わっているのが、総量規制というものです。

この総量規制は、年収の3分の1以上の金額を融資しないようにする規制で、多重債務者を出さないようにと決められたものです。

銀行が即日融資を停止した理由でも紹介したように、消費者金融にはこの総量規制が課せられていますが、銀行は総量規制の対象とはなっていません。

この総量規制の対象とはなっていないため、融資できる希望額が消費者金融よりも高額になってしまうのです。

そのため、返済できない金額を借りてしまう方が増え、返済できずに自己破産するしかなくなってしまうといった状況になってしまいます。

そうした状況を未然に防ぐためにも、銀行では厳しい審査が行われ、返済能力がきちんとあるのかどうかの判断がされるようになっています。

消費者金融は総量規制の対象となっているぶん、安定した収入があれば、ほとんどの場合は問題なく審査に通過することができます。

 

申し込みに虚偽の申請はしない

審査に通過しやすいようにと、虚偽の申請をするのはやめましょう。

申し込み書に虚偽の申請をしてしまうと、それがバレてしまった時には審査に通過できず、もっと悪ければ、信用情報に傷がついてしまう可能性があります。

個人の信用情報は、それぞれの金融機関が所持しているもので、滞納をしたり返済が何度も遅れたりすると、信用情報に傷がつくことがあります。

そうなると、ブラックリストというものに載ることがあります。

ブラックリストには滞納をした人や、債務整理をして自己破産をしたことがある人などがこのリストに載るようになっています。

ブラックリストに載っていると融資を受けること自体が難しくなります。

自己破産などを行っていると、数年間は融資を受けることができないので、ブラックリストに載っている方は融資を受けられない期間中は金融機関を利用しないようにしましょう。

 

在籍確認する必要は?電話以外でも確認できる?

在籍確認と聞くと、自分の勤務先へ消費者金融から連絡がいくと想像してしまう方がほとんどです。

ですが、在籍確認で電話をかけるのは一番メジャーなやり方で、別の方法でも在籍確認をすることはできます。

 

在籍確認は不当に申請するのを防ぐ

他人の身分証明書を拾ったり盗んだりしたことで、他人名義で借り入れをしようとする人もいます。

電話で行う在籍確認はそうした事件につながる出来事を未然に防ぐことができます。

虚偽の申告を未然に防いだり、そうしたことを発見するためにも、電話での在籍確認は効果的であるとされています。

勤務先へは突然連絡いれることになるため、実際に勤務しているかどうか、申し込みをした人は本人であるかどうかの確認が取りやすくなります。

もしも退職した人が、退職した会社の電話番号などを消費者金融に伝えていた場合、勤務していないことが判明します。

こうした虚偽の申請があるかどうか、不正な申告がされていないかの確認を行うためにも、在籍確認は重要な審査方法とされています。

 

消費者金融からだとは名乗らない

電話で在籍確認を取るようになっていますが、消費者金融側は、在籍確認の電話で会社名を名乗ることはありません。

電話では、「○○さんは今、会社にいらっしゃいますか?」というようなことを聞くだけなので、どこの会社からの電話なのか、勤務先の方には分からないようになっています。

知り合いを装って電話をかけるようになっているので、もしも電話にでるのが申し込み者本人でなくても、同じ職場の方が出てくれるだけで大丈夫です。

職場の方が出て、「今○○は席を外しています」と答えれば、申し込み者がその会社に勤めているのが確認できるので、在籍確認はこれで終了となります。

消費者金融からの電話だとはわからないように電話をかけてくれるので、在籍確認によって周囲に融資を受けていることがバレることはなくなります。

融資を受けることを秘密にしておきたい人も、安心して審査ができます。

もしも勤務先の人から消費者金融の方に何か用件を尋ねてきた場合にも、消費者金融の社名を名乗ることはないので心配ありません。

 

電話をかける人の性別や時間帯も指定可能

消費者金融によっては、在籍確認を行う人の性別を指定することが可能となっています。

職業によっては、男性から電話がかかってくることがないという場合もあります。そうした際には、在籍確認をする方を女性にしてほしいと指定することもできます。

申し込み段階では担当者が男性でも、在籍確認のみ女性に行ってもらうことも可能になっています。

ですが、これは消費者金融によって様々なので、在籍確認を行う方の性別指定ができるかどうか、事前に確認しておくことをおすすめします。

他にも、在籍確認の電話を必ず自分で受けたいと希望される方もいると思われます。

職場の誰かが電話に出るよりも、自分で出たほうが確実ですし、周囲にバレる危険性も減らすことができるので、なるべく自分で電話に出たいですよね。

そういった希望がある時にも、消費者金融側に時間指定が可能かどうかを確認しておくことをおすすめします。

大手の消費者金融なら、ほとんどの場所が時間帯の指定が可能となっているので、時間指定もしたい場合は大手消費者金融に申し込みをしてみましょう。

 

在籍確認なしのローンも

在籍確認の電話をしてほしくないという方は、三菱UFJ銀行や、セブン銀行の口座を持つようにしましょう。

こちらの口座を持っていれば、在籍確認を行わずに融資を受けることができます。

ただ、三菱UFJ銀行のマイカードプラスでは、申し込みをしてから融資を受けられるようになるまで2週間ほどかかります。

なので、即日融資を受けたいという方にはおすすめできません。

また、この二つのカードローンは、提供元となっている金融機関の口座も使用していないと、返済が難しくなってしまい、利用しづらいものとなります。

なので、この二つのカードローンは即日融資を目的としていない人に適しているものとなっています。

即日融資に対応している消費者金融では、相談次第で在籍確認の電話なしの契約が可能となっています。

会社から手渡される社会保険証や、月々の給与が記載された給与明細。

他に源泉徴収票などの、勤務先や収入源を証明できるものがあれば、在籍確認の電話をせずに融資を受けることができます。

特に在籍確認の電話を回避しやすいのは、大手消費者金融のアイフルです。

勤務先に電話をいれる前に、申し込み者に連絡をいれてくれるので、電話での在籍確認を書類でのものに切り替えてくれるようになります。

他の消費者金融にも、「電話の在籍確認は困る」と相談の連絡をいれることで、電話ではなく書類や郵送での確認をとってもらえることがあります。

まずは連絡をいれて、書類での在籍確認をしてもらえるかどうか尋ねてみましょう。

 

派遣会社の方への在籍確認は?

会社勤めの方は勤務先の会社へ直接連絡がいくようになりますが、派遣会社の方の場合は、派遣元や派遣先へと連絡がいくようになります。

派遣元にだけ連絡がいく場合や、派遣元と派遣先両方に連絡をする消費者金融があるので、事前にどちらへ連絡するのか把握しておくのもいいでしょう。

派遣先に電話をかけられるのが困る場合は、その旨を事前に消費者金融へ伝えておきましょう。

ほとんどの場合、派遣元に在籍確認を行うため、派遣元に在籍していることが分かれば、融資を受けることに問題はありません。

 

即日融資の申し込み方法は?

即日融資を申し込むなら、消費者金融の窓口へ直接向かわなければいけないと考えている人もいると思われます。

ですが、仕事や用事などがあって忙しく、なかなか窓口に直接いくのは難しい時もありますよね。

即日融資を受けたい場合は特にそうです。

すでに窓口が閉まっている時間帯なら、当日中に融資を受けることができないと諦めてしまう方も。

ですが、窓口へ向かう以外にも即日融資の申し込みをする方法はあります。

 

自動契約機からの申し込み

窓口へ直接出向かなくても、近場にある自動契約機から申し込みをすることが可能になっています。

自動契約機は、消費者金融によって営業時間が変わってきますが、夜遅くでも営業しているものもあるので、窓口が閉まっていても安心して融資の申し込みができます。

自動契約機でも本人確認ができる身分証明書が必要になってくるので、身分証明書を忘れないようにしておきましょう。

申し込みするための書類に記入をしてから審査が始まりますが、この時に消費者金融へ電話での在籍確認をしたくないということを伝えれば、書類での在籍確認に変更してもらうこともできます。

審査に通過すれば、その場でカードを発行してもらうことができるので、即日融資の手続きをすべて自動契約機で完了できます。

契約書もその場でもらうことができるため、自宅に郵送で届く書類やカードもなく、家族に借り入れのことをがバレることもありません。

ただ、近場にある自動契約機に申し込みにいくと、近所の方に借り入れがバレてしまう可能性があります。

そうした不安がある人には、自動契約機からの申し込みはあまりおすすめできません。

 

インターネットからの申し込み

スマホが普及したことで主流となっている申し込みが、インターネット上から申し込みをする方法です。

仕事の合間や休憩時間を利用して簡単に申し込むことができるので、一番手軽な申し込み方法となっています。

インターネットから申し込みをすれば、審査の結果などはすべて電話かメールでしらされるため、他人に申し込みのことがバレる心配がありません。

ネット環境があればいつでも申し込みができるので、夜遅くで自動契約機が営業終了していても、申し込みができるようになっています。

インターネットで申し込みをする際には「借り入れカードを使用する方法」と「振り込みサービスを利用する方法」を選べるようになっています。

借り入れカードを使用する方法を選んでしまうと、カードを受け取るまで融資ができない状態になってしまいます。

なので、振り込みサービスを利用する方法を選ぶようにしましょう。

ただ、ほとんどの消費者金融の振り込み対応時間は、平日の14時までと設定されています。

もしもその時間帯を過ぎている場合は、借り入れカードを使用する方法を選び、カードの受け取り方法を自動契約機と選択しておきましょう。

 

電話申し込み

電話での申し込みは、金融機関の担当者と直接話し合いながら審査を進められるため、窓口で直接申し込みをするのとほとんど変わらずに申し込みができます。

また、電話で事前に急ぎで申し込みをしたい旨を伝えれば、窓口や自動契約機で融資申し込みをする際に時間を短縮してもらえることがあります。

電話申し込みに対応していない金融機関もありますが、「電話一本での即日融資が可能」といった宣伝をしている金融機関は利用しないようにしましょう。

そうした謳い文句を掲げている金融機関は、ヤミ金である可能性が高く、法外な金利を設定される心配もあるので注意しましょう。

 

郵送の申し込み

パソコン操作や、スマホでの申し込みに不安があるという方におすすめの方法が、郵送での申し込みです。

ですが、郵送の申し込みでは当日中に融資を受けることはできないので、この方法は即日融資ではなくてもいいという方にむけた申し込みとなっています。

融資を受けたいことを消費者金融や銀行側に連絡すれば、申し込み書類が郵送で自宅に送られるようになっています。

書類に記入したあとは金融機関へ返送し、審査が行われます。

なるべくはやく振り込みをしてもらいたい場合は、審査に通ったあと、指定口座に振り込んでほしいことを金融機関側に伝えておきましょう。

 

Web完結での申し込みは?

家族に完全に内緒にして融資を受けたい、窓口に直接いくのが面倒だという方におすすめのWeb完結申し込み。

消費者金融はWeb完結申し込みに対応している場所も多いので、融資を受けていることを内緒にしておきたいという方は利用してみてください。

金融機関で融資を受けた時、周囲の人にばれたくない場合特に心配なのは、金融機関から送られてくる郵送物です。

一人暮らしの方ならばれる心配も少なく済みますが、家族と一緒に暮らしていると、郵送物から融資を受けていることがばれてしまう可能性が高いです。

Web完結は、インターネットからそれぞれの消費者金融サイトにアクセスし、申し込みをするようになっています。

提出する必要のある書類などはすべてメールに添付して送信し、本人確認は電話やメールで完了することができる場所もあります。

その後は他の申し込み方法と同じように審査をして、通過すれば契約が完了し、融資を受けることができるようになっています。

WMBCモビットでは、このWeb完結の方法で申し込みをすれば、郵送物も送られることがないので、おすすめの消費者金融です。

 

条件に合ったカードローンを選ぶ

即日融資に対応したカードローンは増えていますが、お金をどういった目的で使いたいのかを明確にしておくと、カードローンも選びやすくなります。

特に、自分のやりたい申し込み方法を用意している消費者金融を選ぶことをおすすめします。

 

時間短縮できる申し込み方法で選ぶ

審査時間を少しでも短縮できれば、待ち時間も省くことができます。

インターネットからの申し込みなら、忙しい方でも空いた時間で簡単に申し込みができ、審査時間を別の用事でつぶすこともできます。

審査時間は消費者金融によって様々ですが、混雑する時間帯に申し込みをしてしまうと、最短30分のところが数時間かかってしまう場合があります。

インターネットでの申し込みや、自動契約機での申し込みも、混雑時間では審査時間が余計にかかることも。

悪ければ翌日まで時間がかかることもあるので、急いでいても申し込みの時間帯は確認するようにしてください。

また、遅い時間だと、消費者金融によっては振り込み時間が過ぎて、当日中の即日融資ができなくなっている場合もあるので気をつけましょう。

 

借り入れに不安がある方は安心な大手企業を選ぶ

ヤミ金などが不安な場合は、大手企業の消費者金融を利用しましょう。

急いでいる時や焦っている時などは、利用しようとする消費者金融がヤミ金かどうか判断できなくなることもあります。

そうすると、自分に都合のいい謳い文句につられて、ヤミ金と契約して融資を受けてしまうこともあります。

テレビCMでも宣伝されいる大手企業のものなら、消費者金融としては身近にあるため、申し込みするのもそれほど抵抗なく安心して融資を受けられます。

 

主婦やアルバイトも融資が受けられる消費者金融を選ぶ

大手企業としても特に消費者金融で人気の高いものは、アコムやプロミスなど、テレビのCMでもよく見聞きする金融機関です。

プロミスには女性専用としたレディースプロミスなども用意されており、プロミスの条件にあてはまっていれば学生の方も融資を受けることが可能です。

他にも、主婦の方やアルバイトをしている方も融資を受けられる消費者金融もあります。

主婦やパート、アルバイトの方は、どうしても銀行でなければ融資が受けられないと考える方も多いです。

が、主婦やアルバイトの方をターゲットとした消費者金融でなら、融資を受けることは難しくありません。

アイフルやモビットなら、融資を受けることも可能で、即日融資にも対応してくれています。

 

まとめ

どうしても当日中にお金を借りたいという方にうれしい即日融資。

近年では即日融資に対応しているカードローンも増えてきているので、夜遅くでの申し込みにも対応してくれる消費者金融も見つけやすくなっています。

インターネットからの手間をかけず、簡単に融資を受けることも可能となっているので、自分の要望にあっている即日融資カードローンがあるかどうかを探してみましょう。

 

 

PAGE TOP